石には思いが入りやすいといわれています。そして意志があります。今も昔も霊的な力のある人達は石達と会話(交信)がでるようです。その意思のある石達と私は出会いゆっくりと瞑想をして精妙な状態で直感として石の声を聞き石に感謝し勾玉の形にさせてもらっています。

 

 

そして作る時には4つの思いをいれます。

 

 

この世の全ての生きとし生ける者が幸せでありますように。

 

 

この世の全ての生きとし生ける者苦しみや悩みが消されますように。

 

 

この世の全ての生きとし生ける者の純粋な願いが叶えられますように。

 

 

この世の全ての物に悟りの光がさしますように。

 

 

 

この4つの思いを思うことを慈悲の瞑想と言うようです、この場合は思いになりますが、この4つの思いを石に込め制作させていただいてます。わたしの場合、大それた道具も使ってませんので手作業が多く1つ作るのにもとても時間がかかります。その分たくさん思いが込められます。翡翠は5億歳とも言われています、わたしは意志のある石達と皆様をつなぐ架け橋のようなものです。石を選ぶ時は直感を大切にしていただけたらと思います。