はじめまして南浦高志と申します。夏は勾玉作家、冬はスノーボーダーとして活動しています。 私が勾玉を作り初めた流れをお話します。初めはお守りとして普通にお店で購入しました、そして身に着けるようになってから偶然のような必然が増えイイ流れに乗り始めました。翡翠の勾玉の力の偉大さを実感しました。石は人の心を穏やかにし、流れを引き寄せ体験として、沢山の事を教えてくれます。ネイティブの方々は石を地球の長老と呼び一人何個かの地球のかけら、小さな地球である石達と一生を共にすごし沢山の事を学ぶそうです。私もまだまだ未熟ですが、勾玉を持ち始めてから沢山の事を石から体験をとおして気ずきを与えてもらいました。本来、人と石は密接に継っているものと思っています。もともと石拾いが好きだったのもあり、自分で勾玉を作ってみようと思い新潟県糸魚川市(いといがわ)の海岸で石を拾い作りはじめました。そして糸魚川の勾玉についてイロイロ調べました。すると日本神話では縄文時代、翡翠の勾玉の発祥地である糸魚川周辺の呼び名は高志(コシ)の国と呼ばれていたようです。私の名前(高志)の漢字が同じだったのです。日本各地や朝鮮半島から出土される、ほとんどの翡翠勾玉はこの高志(コシ)の国で作られた物と言われています。ちなみに私の母親の名前は糸魚川(いといがわ)の名前に近い 、いと子と言います。いと子の子、高志(タカシ)が高志(コシ)の国の石で勾玉を作りはじめました。そして私が勾玉に興味を持ってない時に初めて霊性修行(自分なりですが)をしたのも偶然にも糸魚川の翡翠峡にある明星山でした。そして翡翠の女王である奴奈川姫の名前から名付けられた姫川の源流の白馬村に20年前、越してきたなど他にも書ききれないくらいの偶然のような必然が沢山起こり勾玉作りに対して天命的なものを感じ作るようにまりました。このような偶然の一致、共時性(シンクロニシティ)は神や自然の声とも言います。この共時性に従って生きて行くうちに自然と勾玉を作っている自分がいました。長野県に多く祭られている諏訪大社の祭神である建御方命の母親であり、メノウ勾玉で有名な出雲大社の祭神である大国主命の妻である、奴奈川姫(翡翠の女王)がこの世の幸せを願い、この高志(コシ)の国から勾玉を広めていったようです。私もその思いを引き継ぎ、勾玉を持つ人はもちろんこの世の全ての意識ある物の幸せを思い、勾玉作りをしています。作り初めの数年は仲の良い有人、病気の人、人生の転機を迎えたひとを中心にプレゼントしてました。みんな出来事の流れが良くなったと言ってくれます。とても嬉しかったです。最初は、この世の平安を願い作った勾玉をお金に換える事に抵抗がありました。いろいろ考え悩みました、その結果作り続けるにはお金も必要です、なので勾玉を作る活動費として尊重としてお金を受けとるようにしています。ご理解ください。そして活動を続けてると、ありがたいことに買いたいと言う人が現れました。この流れに乗り思いの入った勾玉の素晴らしさを広めたいと思いこのホームページを作成しました。長い文章を最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。